MENU

仕事しなくてもオンラインカジノで生活はしていけるのか!?

登録数人気ランキング

目次

【カジノが仕事】オンラインカジノで稼いで生活していく

ネットの反応

オンラインカジノのアフィリエイト報酬日(毎月5日)の前になるとお金なくなってウォレットからの出金不具合、体調悪くなる、不正により企画中止、仕事が忙しくてTwitterから離れるなどが起こるの草。予算管理くらいしっかりしようねwwこのキ…

オンラインカジノもランドカジノと同様 勝利金は課税されません

だから オンラインカジノでも、数あるゲームの中で、そういった特定の局面を見つけて、期待値が高いと思われる時に勝負してゆくことが大切なんですよね。

オンラインカジノもランドカジノと同様、勝利金は課税されません。国有カジノを運営するカジノオペレーターは、総収益の80%が課税されますが、一方、民間企業が運営するカジノに関しては、それぞれ課税のルールが異なります。

仮にオンラインカジノに還元率100%のゲームが有ったとして、それをやり続けてたとしても、一時的に大勝ちする事くらいはあるでしょうが、最終的には大数の法則により理論値に収束してゆくから、結局はトントンにしかならんのよね。

オンラインギャンブルは2008年に合法化されましたが、2012年まで詳細な規制はなく、2013年になってオンラインカジノ運営者は売上高によって課税されるようになりました。

マルタで最初のロト法は1922年にさかのぼります。しかし、文明の幕開けから既にギャンブルは存在していました。現在ギャンブルは、オンラインカジノとランドカジノにライセンスを与えている宝くじ&ゲーミング機関によって規制されています。

ヴェネツィアで初めてカジノがオープンしたのは1638年ですが、驚きなのはオンラインカジノが導入された2006年まで、ギャンブルはイタリアで全く規制されていませんでした。マフィアの影響なんでしょうか???

ランドカジノ、オンラインカジノ共に、イタリアでは勝利金に課税されません。カジノ運営者はというと、総収入のわずか1%の税金を支払います。運営者にとっては、マフィアが怖くなければイタリアでカジノ運営をするのが税金が安く、良さそうですね。

オンラインカジノではRTP(Return To Playerの略)と言われる還元率があります。ハウスエッジとも言えますが、これはカジノ側の取り分です。例えばRTPが95%のゲームでは、カジノ側の取り分は5%です。残りの95%は勝利金として分配されます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる