オンラインカジノにおけるライセンスの重要性を徹底解説!!

日本ではあまり浸透していないオンラインカジノですが、海外においてはメジャーな娯楽。

安心してオンラインカジノを楽しむために、「オンラインカジノがどのように運営されているか」について知りましょう。

世界には約2000サイト以上のオンラインカジノが取得しているライセンスや、監査を行う第三者機関の仕組みについて紹介していきます。

目次

合法性を示す運営ライセンス

オンラインカジノを合法的に運営するためには、政府から発行される運営許可証である「ライセンス」が必要になります。

ライセンスを取得するためには厳しい審査をクリアし、ライセンス料を払わなければなりません。

たとえ日本語の安全そうなサイトでも、ライセンスがなければ絶対にプレイしないようにしてくださいね。

このライセンスを取得していないオンラインカジノは登録した個人情報を抜き取られたり、出金ができなかったりと悪質な運営を行なっている可能性が高くなるため遊ぶ際にはなるべくライセンス取得の有無をチェックしましょう。

なお、オンラインカジノの運営企業が意図していなくてもマネーロンダリングの温床になったり、マフィアなどの反社会的な組織の資金源になる危険性も十分にあります。

そのため取得するライセンスは審査が厳しく取得が難しいものほど信頼性が高くなることも覚えておこう。

オンラインカジノの運営というのは、国際的な適法性はありません。

ですから、オンラインカジノをプレイする場合には、オンラインカジノの運営ライセンスを取得したオンラインカジノでプレイをするという事が最低限、安心安全にオンラインカジノで稼いでいくための絶対条件となります。

ライセンスの信頼性は取得難易度も重要

オンラインカジノの運営ライセンスを取得をしていればどこの国のものでも安全安心という事は言えません。

この点がオンラインカジノに登録する際の判断では簡単ではないところですが、概ねのところマルタライセンスを取得しているオンラインカジノがやはり安全性が高いといえます。

ライセンスの有無だけでなく、審査が厳しく評判の高いライセンスを取得しているかを確認しておけばより安心してオンラインカジノを始めることができるでしょう。

審査が厳しく信頼度も高いライセンス

マルタ(Malta)

2000年に発行が開始されたマルタ共和国のライセンスは、数多くのゲーミングライセンスの中でも、特に取得するのが難しいライセンスです。

地中海に浮かぶマルタ共和国では、2000年からマルタゲーミング委員会(mga)によってオンラインカジノのライセンスを剥奪されるカジノも少なくありません。

確実に安全で信頼性の高いカジノで遊びたいという人は、マルタライセンスを取得しているカジノを選択すれば間違い無いでしょう。

MGA取得のオンラインカジノ

キュラソー

カリブ海にある小さな国「キュラソー島」の、eGaming監視機関が発行しているキュラソーライセンスは、1999年からさまざまなオンラインカジノのライセンスを発行してきました。

また、仮想通貨を使用可能だったり、入出金の上限額を設定できたりと、厳格すぎるマルタのライセンスでは難しいサービスも採用しやすいため、近年では多くのオンラインカジノがキュラソーライセンスの取得や変更に踏み切っている状況です。

キュラソー取得のオンラインカジノ

PAGCOR(パグコー)


ランドカジノの運営企業が取得をしているものというイメージが強かったのですが、最近PAGCORライセンスの取得をしているオンラインカジノが多くあります。

以前はフィリピンでファーストカガヤンというライセンスが使われていたのですが、フィリピンのドゥテルテ大統領の政策によってPAGCORライセンスの取得をしているオンラインカジノが多くあります。

PAGCOR取得のオンラインカジノ

公平性を監視する『第三者機関』を知ろう

ここまでの説明で、オンラインカジノの運営にはライセンスを取得する必要があるということは理解できたと思います。

しかし、ライセンスを取得した後に隠れて不正を行っている可能性もあるのです。

多くのオンラインカジノではライセンスの他に、第三者機関からの監査を定期的に受けておりクリーンな環境をアピールしています。

この第三者機関による監査は、オンラインカジノ運営の義務ではありませんが、安全に遊びたいユーザーのために行うオンラインカジノ側の配慮と言えるでしょう。

主要な第三者監査機関の紹介

eCOGRA(イーコグラ)

eCOGRA監査重点項目

  • 常に公平なゲームを提供していること
  • 問題が起こったときに、迅速な解決を図っていること
  • 支払いをきちんと行っているか

「eCOGRA(イーコグラ)」は、2003年に「プレイヤーの保護」のため設立された、オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体(NPO)です。

オンラインカジノ業界で最も有名で、信頼性の高い第三者機関です。2003年にオンラインカジノ業界の健全化のために設立されたNPOで、正式名称は『e-Commerce and Online Gaming Regulation and Assurance』です。

eCOGRAは、第三者の公平な立場からオンラインカジノに関する基準を設け、審査を行います。
この基準は非常に細かく多岐に渡っており、審査も厳しいことで有名です。

eCOGRAによるチェックは「一度の審査では合格出来ない」と言われているほど厳しく、優良なライセンスを取得しているオンラインカジノでも落とされることもあります。

さらに、新しい基準が定められるたびに審査を受けなければならず、定められた基準に満たなくなった場合には、即認定を外されるほど厳しい審査体制になっています。

また、eCOGRAの認定しているオンラインカジノでトラブルが発生した場合、eCOGRA(イーコグラ)に相談し、仲介に入ってもらうことも可能です。

トラブル対応も非常に迅速で、プレイヤーと運営者の間でトラブルが発生した場合には、eCOGRAによる的確なアドバイスで平均48時間以内には解決しています。

継続的に厳しい審査を行っており、トラブル処理も早いeCOGRAの認定を受けているオンラインカジノであれば、安心してプレイが楽しめるでしょう。

認定の際には監査の以外に、100ページ以上の報告書を提出する必要があり、一発で合格したオンラインカジノは現在までにひとつもありません。

また、審査基準が改正されるごとに審査が行われ、審査に合格しなければ認証を剥奪されます。

こういった厳しさがあるため、オンラインカジノが長年eCOGRAの認証を維持してきたということだけでも信頼性が高い証拠と言えます。

eCOGRAは、オンラインカジノとプレイヤー間でトラブルが発生した際の仲裁にも入ってくれるため、プレイヤーにとってはこの上なく頼もしい存在と言えるでしょう。

GLI(Gaming Laboratories International)

GLI監査重点項目

  • ゲーミング機器がお金を正しく扱っているか
  • RNG(乱数発生装置)のテスト
  • 自己規制プログラムが働いているか

「GLI(GamingLaboratoriesInternational)」は、ギャンブル系における世界最大規模の審査機関と言われています。

元は1989年にアメリカで設立されたゲーム審査機関「TST(TechnicalSystemsTesting)」で、TSTが2010年にGLIグループ企業の一部に入り現在の形になりました。

ラスベガスやマカオなどのランドカジノのペイアウト率の公表や、スロットマシンの検定、宝くじの監査なども行っていて、カジノ関連機器やロト・オンラインカジノのテスティング事業において世界で9割のシェアをもっています。

その正確さは「GLI基準」と呼ばれ政府の審査基準としても採用されるほどです。

GLIの監査があれば、まずイカサマは出来ないでしょう。

GLIは、オンラインカジノだけでなくラスベガスやマカオといった、本場カジノで設置されているゲームマシンの公平性などに対する監査も行っている監査機関であり、その信頼性の高さはトップレベルです。

iTech Labs

iTech Labs監査重点項目

  • ゲームがルールをきちんと守ったものか
  • ゲーム結果と勝利金額が対応しているか
  • ゲームが正しく機能しているか

iTechLabsは、世界中のオンラインカジノゲームのRNGテストの他に還元率(RTP)やセキュリティ検査、ゲーム・プラットフォーム・スポーツベッティングの認定・総合テストなどを行っており、NETENTなどの大手ソフトウェア会社のテストも手がけている実績があります。

iTechLabsは、10年以上に渡って幅広いオンラインゲームの認定・総合テストなどを行っている第三者機関です。

2004年にオーストラリアで設立され、現在はアジアやヨーロッパのあらゆる地域に展開しています。

TüV compliant(テュフ コンプライアント)

「TüVcompliant(テュフコンプライアント)」は、技術・安全・証明サービスに関する認証機関「テュフラインランド」が行うコンプライアンス管理サービスです。企業のコンプライアンステストや製品の試験も行うなど、幅広い実績があります。ドイツに本社を置く企業ですが世界中に拠点があり、日本にも1978年に駐在事務所を開設しています。また、監査や認証だけでなく、商品や工業に対する技術支援や、自動車や医療機器などの特に安全性が求められる製品の試験も行うなど、幅広い実績があります。

GamCare

GAMCAREとは、主にギャンブル依存に苦しむ人たち向けのカウンセリングやアドバイスを行っており、電話やメールでの相談も受け付けています。
GAMCAREは、プレイヤーがギャンブルをする上できちんと自己コントロールができるように支援している民間団体。
更に、オンラインカジノなどに対してプレイヤー自身がプレイ制限などを設定できるような機能の設置も促しています。

『まとめ』オンラインカジノのライセンスは重要

ライセンスを取得しているオンラインカジノを選ぶと、より安全にカジノゲームをプレイすることが可能です。

不正ソフトウェアを扱っていないかどうかをチェックするには、オンラインカジノ同様、ソフトウェア会社がライセンスや第三者機関の認証を受けているかを確認するとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (35件)

  • フィリピンのカジノ
    国内数ヶ所に政府運営のカジノが存在します。 地元密着型営業の賑わいがあり、笑い声の絶えないアットホームな雰囲気です。オンラインカジノの中でもフィリピン政府公認のライセンスを取得しているところが数多くあります。

  • それぞれのオンラインカジノは 「カジノが合法の国」 かつ 「国の正式なライセンス」 を取って営業を行っています。 ですから法律に触れるかどうかは、賭ける人の国の法律によります。

  • オンラインカジノには、合法であることを示す【ライセンス】というものがあります。非合法なオンラインカジノでプレイしてしまうと、出金できなかったり個人情報が漏洩するなどのトラブルが起きます。合法か非合法か見極める基準としては、まず「ライセンスを取得しているか」をチェックしましょう‼️

  • しかし現在のオンラインカジノは政府発行のライセンスを導入し、謎に包まれていた運営機関も世界の一流有名ブランドが参入してくるまでになっています。
    映画のビッグタイトルがオンラインカジノのタイアップゲームとして導入されるのは、もはや珍しいことではありません。

  • オンラインカジノの大手サービスで今最も人気を集めていると言っても過言ではないのがVera&John(ベラジョン)です。ベラジョンは、正式な政府のライセンスと法人登記番号を取得しているため、安心というメリットが第一にあります。厳格な国際規格に準拠しているので信用性抜群です!

  • 【カジノ用語集】
    ゲーミングライセンス(Gaming License)
    オンラインカジノの運営を許可している国または地域から認可されて発行される運営許可証のこと。ライセンスともいう。 有名かつ信頼度が高いライセンス発行国として、英領マン島・マルタ島・キュラソー島などがあげられる。

  • 初めてのオンラインカジノは1996年に出現
    オンラインカジノの本当の始まりは、1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが初めてオンラインカジノ運営者へ正式なライセンスを発行する法律を可決したところにさかのぼることができます。

  • KKポーカーのクラブ変更を希望する人の会 より:

    オンラインカジノはライセンスをとっているから合法だという人が多いですが、お互い各国の法律を守る義務があります。

    禁止されている国で前向きな集客を行っていることまで合法かどうか?
    かなり疑わしい事です。

    例えばマリファ合法国の業者が日本のアフィを使って販売活動をしたらどうでしょう?

  • 合法的に運営するために必要なライセンス
    オンラインカジノを合法的に運営するには、必ずオンラインカジノの運営許可(ライセンス)を発行している国や地域から許可証を取得しないといけません。

  • 『オンラインカジノは違法』と勘違いしている人が多い。日本では賭博が禁止されているので、オンカジも当然違法だという人がいますが、オンカジは海外で運営されているので法的にはパチンコ等と同じくグレーゾーン。むしろ海外の政府発行ライセンスを持っている分、他に比べても安全なギャンブル😌

  • 日本人がオンラインカジノをプレイする上で気を付けなければいけないこと👇
    「海外で合法的に運営されているかどうか」です!
    ・日本で運営されていないか。
    ・サーバーは海外にあるか。
    ・海外の運営で、ライセンスを取得しているか。この3つををチェックしましょう✏️

  • \オンラインカジノの選び方5選/

    ・ライセンスを取得しているか
    ・日本語サポートがあるか
    ・利用者の悪評がないか
    ・手持ちの電子決済が使えるか
    ・フリースピンがあるか

    オンラインカジノを始める人は最低この5つはチェックしてください😌

  • オープンしたばかりのMGMオンラインカジノ
    キュラソーライセンスを保有しているオンラインカジノです。
    入出金5分の高速出金
    入金不要ボーナス
    現金1500円!
    出金条件:2倍(3000円分のベット履歴が必要)
    最大出金額:5000円
    出金条件1倍

  • オンラインカジノをやっていると決済サービス何使うか問題っていうのがあると思うんだけど、最近はiWallet使ってる。
    ・取扱通貨の種類が多い
    ・出金手数料が安い
    ・香港政府公認のライセンスを取得
    いいかんじ(*´ω`*)

  • オンラインカジノって違法なんでしょ?って聞かれたけど、それは勘違い。パチンコと同じでグレーゾーン、海外の政府発行ライセンスを持ってるから他のギャンブルより安全とも言える。政府がカジノ法案を進めているように、日本でも安心してできるようになる可能性が高いのですよー。

  • ライセンスを取得したオンラインカジノ会社は、
    運営用のゲームソフトウェアやデータ等を
    ライセンスを保持する国に提出するので安心です。

  • オンラインカジノ自体は、海外で国が発行する運営許可証(ライセンス)を取得しているため、合法的に運営されています。
    しかし、オンラインカジノの運営者とプレイヤーを罪に定める直接的な法律がないことや、今までの判例などもあり「はっきりは違法と言えない」状態。

    ほ~そうなのwww

  • オンラインカジノ。違法だと思ったら、海外でライセンスを取得して運営しているカジノを利用しても、日本の賭博に関する法を適用する事は難しい様です。利用して逮捕された人は不起訴になってますし、海外で合法のカジノに賭博罪は問えない。うーん、これで良いのですかね?

  • オンラインカジノは合法か違法かっていう話題よく見るけど、海外では有名な大企業がきちんとライセンスを取って運営していることが多いのでイカサマとか情報漏えいはあまり心配ないと思う。とりあえずライセンスちゃんと取っているかどうかだけはちゃんと調べたほうが良い。

  • なるほど。
    胴元がグルなら4600万持ち出し可能だな。
    入れる。負ける。仲間が勝つ。(勝たせてもらう)。そいつが換金性有るものに変える
    外で売却益をえる。
    手元に綺麗なお金が残る。
    複数人でやられたらばれんだろうね。
    このオンラインカジノはライセンス有りなのかな?なし?

  • オンラインカジノは,日本で逮捕の事例もあるが,略式起訴と不起訴で終わっている。抑,賭博開帳図利罪でいう胴元は海外でライセンスを受けた合法団体であり,常習賭博罪は暴力団等の組織的賭博や主犯格などが対象,単純賭博など軽微なものは身柄拘束されてもすぐに開放される(罰金)程度だからね

  • 現状のオンラインカジノはそもそも「客側」対応する国内法が賭博法にすらほぼないから
    合法も違法もないが運営は海外でライセンス取得してれば合法って扱いか

    立法府ってホント仕事しねえなあいつら()

  • 【オンラインカジノの法的位置について】オンラインカジノ運営社がこのライセンスを取得するには、厳しい審査や検査を受ける必要があります。

  • オンラインカジノって運営がライセンス持ってれば法に触れる事無かったんじゃ無かったっけ…?

  • 田口翔容疑者が利用したオンラインカジノ決済代行業者、やはり海外の企業法人、いわゆる外資系企業でした😲
    googleで検索すれば出てくるレベルです✋
    名前はあえて出しませんが、ライセンス契約してる可能性あるので違法性としてはかなり低いですね😂

  • 日本てIT関連で何かトラブル起きると全力で取り締まる方向に行くので、IT後進国になってしまった感。ゼロリスク好きとITって相性悪いよね…とオンラインカジノの件で思うなり。
    日本企業にライセンス与えて海外にお金が流れないようにする方向とか考えられないのだろうか。他にも賭博あるじゃん。

  • 日本国内オンラインカジノはユーザ側を罰する明確な法律出来そうな気がする。

    けど他国のライセンス取ってたりするところもあるし、どうやって取り締まるんだろう。

    ユーザー情報渡す場合ってその国でも違法な場合じゃないと渡させないポリシーになってると思う。

  • オンラインカジノには、合法であることを示す【ライセンス】というものがあります。非合法なオンラインカジノでプレイしてしまうと、出金できなかったり個人情報が漏洩するなどのトラブルが起きます。合法か非合法か見極める基準としては、まず「ライセンスを取得しているか」をチェックしましょう‼️

  • オンラインカジノ会社はライセンス制限に苦労する

    キュラソー:自由度高めで割と何でもできる
    マン島  :自由度高めで2番人気
    マルタ  :厳しくて制限多い、上場企業向き

    例えば1日利用制限やボーナス設計に影響してきます
    ギャンブル依存考え方に各ライセンス違いあり
    マネロン対策は全必須です

  • 元防衛庁キャリア官僚「太田述正」非公式 より:

    日本はすでに、隠れた「カジノ大国」と化している<。>・・・
    日本では公営ギャンブル以外の賭博は法律で禁止されている。一方でオンラインカジノは、ギャンブルを合法とする国でライセンスを取得しており、森井氏はこうした事情を踏まえ「海外でカジノ設備を利用するのと同じで摘発は難しい」。

  • 噂が全て実現するなら、今年のヴィッセルの主な補強はパワハラでライセンス停止された永井、規律違反でクビになったベテラン乾、オンラインカジノ広告塔吉田、兎にも角にも槙野、というやろうと思ってもなかなか実現できない西麻布がよく似合うラインナップで心が震えている。さすが三木谷会長。

  • 🔺ミニーカジノ(minny casino)最新情報⚡⚡⚡🪬🪬🪬🤟🤟🤟👁👁👁🔼 より:

    オンラインカジノの紹介記事を見ている中で、あまり詳しくない方の場合「ライセンス」というのに不思議に思った方はいらっしゃいませんか?
    日本では公営競技以外の賭博は違法であり、カジノもアミューズメントとしてのゲームでなければ、日本では運営ができません。

  • 昨日投稿した悪質なオンラインカジノ一覧の判断基準は
    ・サポートの返事がない
    ・運営元の記載がない
    ・ボーナス情報が虚偽
    ・日本語対応していない
    ・支払いに問題がある
    ・不正ソフトの使用
    中にはそもそもライセンスが無く、違法なオンラインカジノもあるので注意が必要😌

  • 『オンラインカジノは違法』と勘違いしている人が多い。日本では賭博禁止なので、オンカジも当然違法だという人がいますが、オンカジは海外で運営されているので法的には『パチンコ等と同じくグレーゾーン』むしろ海外の政府発行ライセンスを持っている分、他に比べても安全なギャンブル😌

  • 登録時におかしく思いませんでしたでしょうか?
    会社名も知らず、登録すると思いますか?
    自分の個人情報を知らない会社に渡すのは普通ではないし、本人と身分証明書の写真を提出するのは、よく見る闇バイトの手法でもあります。
    ライセンスがあるから安心できませんよ!
    それが、オンラインカジノ

コメントする

目次