MENU

【比較】カジノで勝つために見るべき胴元の取り分ランキング【ハウスエッジ】

おすすめカジノ

新着カジノ

🎯プレゼントあります🎯

LINE公式アカウント開設記念

お友だち追加で特典進呈❗❗

誰でも出来る 『コピペ収入法

999Dice使用可能『自動ツール

不労所得を得る方法『LINE講座

友だち追加

🎵有料級情報❗❗お見逃しなく🎵

目次

ハウスエッジとはカジノ(胴元)の取り分のこと

ネットの反応

【カジノ用語集】 ハウス・アドバンテージ(House Advantage) ハウス・エッジと同義で、プレイヤーがカジノで遊ぶ際に生じる、ルールやコミッションを考慮したカジノ側の有利性を表した言葉を指します。

ハウスエッジという言葉を知っていますか?ハウスエッジとは店側の取り分です。ハウスエッジが極端に低い遊び場があります。そこでギャンブルをすれば勝ちやすいです。極端がある方はDMにて。

バンカーコミッション 「PLAYER」よりも「BANKER」の方がわずかに有利(約5%程度)なため、 この5%分をカジノ側の利益(ハウスエッジ)として徴収されます。

「ラッキーニッキー」の キャッシュバック付与まで待機300ドルの等倍ベッドでハウスエッジ一倍低いのなんだろう?キャッシュ化→ ウイニングキングス5連勝プロモに 移動予定😬 ※500ドルをサクッと拾うライブ反映10パー スロは禁止ゲームあり

頭悪すぎw>外資のカモにされるパチンコと違いカジノ税はハウスエッジ(売上)に課税するトップライン課税なのでカモにされようがない例え事業者は利益が出なくても税金はガッツリ払わないといけない仕組み>儲からずに撤退した場合の財政負担…

最近、カジノの必勝ツールが世に回っているけど勝て続けるとホントに思っているの?ハウスエッジの仕組みがあるから結局、プレイヤー側は負けるなら、運営側になればいいよねというお話運営側にななりたい人は、DM下さいネットワークビジネス,MLM,マルチ商法

【カジノ用語集】 シック・ボー(Sic-Bo) 3個のダイスを振り、その出目の合計や組合せを当てるゲーム。 アジアやオーストラリアで人気が高くよくプレイされる。 賭け方が豊富で、当れば一気に100倍以上の配当を得られる反面、全般的にカジノ側のハウス・エッジ(控除率)が高い。

普通に501のヴィンテージレプリカみたいなの好きとかならウェアハウスの方が合わせやすいかな、買ったのがテーパード入ったモデルなんだけど生地のエッジ感とか洗った時の目の締まり方やとウェアハウスやっぱ強いなとなる

そしてオンラインカジノにはボーナスが用意されています

過去10年で6億円を海外カジノで遊んできた経営者ミスターSによる旅行記です。

ハウスエッジとは、ギャンブルにおける胴元の取り分を割合で示したものです。ギャンブルを提供する側(胴元)は色々なサービスを使いやすいようにプレイヤーへ提供していますから、その分のサービス料金と考えれば分かりやすいでしょう。オンラインカジノなどのギャンブル全般でよく使われる言葉で、「控除率」とも呼ばれています。プレイヤーの取り分である「還元率」と真逆の意味合いです。

ハウスエッジと控除率のことが丸わかり!日本のトップオンラインカジノで登録する簡単シンプルガイドです。

この記事で、カジノボーナスだけではなく、ハウスエッジを有利に利用する方法、それぞれのカジノゲームでのハウスエッジをしっかり覚えて、責任のあるプレイを心がけてください。

カジノのゲームをプレイするうえで、必ず耳にする単語の一つに「ハウスエッジ」または「控除率」といったものがあります。どちらもカジノを攻略するには絶対に必要な知識のひとつです。ギャンブルをする上で『勝つ』という事にこだわるのはもちろんのこと。であればハウスエッジ(控除率)をしっかりと頭に入れてから、カジノライフを楽しみましょう。

最後に一言、「ギャンブルとは本来負けるもの」だというのを前提に置いておけば、大きく負ける確率もグッと低くなります。さらに、一攫千金への近道と成り得る可能性もあります。ハウスエッジを理解してからカジノゲームを満喫すると、さらにカジノの奥深さを体感することができるでしょう。

基本的にこのサイトでは『これからカジノで遊んでみたい方』 『すでにカジノを嗜んでいる方』 に対するアドバイスを盛り込んでますので、楽しんでいってください。

そしてオンラインカジノにはボーナスが用意されています。 しっかりとこのボーナスを現金化出来るかどうかが腕の見せ所で、収支にもしっかりと反映されてくると思います。

カジノに限らず、ギャンブルをするときにこのハウスエッジのことを知っておくのはとても重要なことです。なぜかというと、ハウスエッジを知らずに賭けると、負ける可能性のより高いゲームや条件でプレイすることになりかねないからです。

それに対して、カジノ、特に日本のトップオンラインカジノでは、ハウスエッジが日本の公営賭博より遥かに低く設定されています。もちろん、カジノを運営するだけでも管理・維持費用がかかるため、それを賄うためのハウスエッジは必ずあります。なければ、運営しているだけで赤字になってしまいます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる